不動産会社の賃貸の手数料は家賃一月分です。

案内なども軽自動車が多いと言えます、売買の場合は殆どが乗用車を利用しています。物件が決まるまでは一円喪主7ウニ¥乳にはならないのですから、本当に賃貸専門業者は大変だと思います。ようやく契約が決まり、そのお金が入ってきても家賃の一月分です。殆どの場合10万円までの金額になるハズです。売買の業者なら、1億円ホット¥ドの物件を仲介すれば、300万円にはなるのですから、その違いは非常に大きいと言えます。もちろん金額が大きいので、その分決まるのは数が少ないと言えますが、営業マンもやる気が変わってきます。そのためか、賃貸専門業者には女性の営業マンが多いと言えます。

これは細かいところに気が付くからかも知れません。売買の業者は男性社員が多いのです。しかし賃貸も売買も物件が決まらなければ手数料は全く入ってきません。その間、どうして食いつなぐかが大きな問題です。もちろん仕事は山のようにあります。物件の案内地図などを作成しなければなりません。そのため殆どの不動産会社には印刷機が装備されています。これでチラシを制作するのです。もちろんそれらの苦労も手数料を受け取るためのモノです。しかし実際には中々物件は決まらないというのが不動産業者の悩みだとも言えます。

関連サイト情報

Copyright (C)2017賃貸のお部屋探しをするときに考えるべきこと.All rights reserved.