賃貸と分譲のコストに関して

住む場所は賃貸が良いのか買った方が良いのかということは永遠のテーマである。賃貸物件に住んでいると、支払っている賃貸料を分譲マンションのローンに回せるのではないか、という考えが頭に浮かぶ。一方、マンションを購入すれば、万一地震になったときなどの保証はどうなるのだろう、という心配が沸く。また、次々と販売される新しい物件を見ては、そちらが良さそうに思えてしまうのである。中には普段の住居は、安い賃貸にして別送を購入し、週末はもっぱら別荘で過ごしている人も居る。普段の生活は質素に暮らし、週末を楽しもうという考えである。

賃貸別荘というのは聞いた事がないから、おそらく購入するのだろうが、首都圏でマンションを購入するよりは、はるかに安価に購入することが出来るだろう。しかしながらこれまた、維持費や交通費がばかにならない。結局のところコストパフォーマンスの良い暮らし方とは言いがたい。やはり一番良いのは、マンションを購入して、次々と移って行く事であろうと思われる。最新設備が装備された。新築分譲マンションに引越しを繰り返すのだ。この方法がもっとも快適に暮せる方法であろうと思われる。そんなことを何年も前から夢想している。

Copyright (C)2017賃貸のお部屋探しをするときに考えるべきこと.All rights reserved.